重要なお墓選びのポイントブログ:2014-7-04


僕達夫婦の愛するむすめは、1歳5ヶ月になりました。

生まれてから丸1年と5ヶ月が過ぎたわけですけど、
その間、ずーっと、僕や妻をはじめ
おじいちゃん達、おばあちゃん達に
「かわいい、かわいい」と言われながら育ってきています。

父母バカなのは大目に見ていただくとして、
普通、同じものを1年以上も同じ気持ちで、
あるいは、その気持ちを成長させながら
持ち続けることは難しいものですよね。

美人はみっかで飽きる…なんて言葉もあるように、
どれだけ良いものでも、
単一的な見方ではどんなに良いものでも
必ず飽きが来て退屈してしまいます。

でも、お子様の成長はすごく早いんですよね。
昨日まで出来なかったことが、ある日突然出来るんです。

その変化に驚かされ、そして、その変化に
「すごいなあ」と「かわいいな〜」が続いていきます。

父母から言えば、早く成長してくれるのは嬉しいけれど、
お子様のかわいらしさが変わってしまうのは
惜しい気もします。

2歳になるお子様を持つ友人がしみじみ言ってました。
「歩き始めて色んなことを自分でし始めると、なんか無性に寂しくなる…」

もっと大きいお子様を持つ友人が言ってました。
「初めて幼稚園にお子様が行った日は、こっちが寂しくて泣かされたわ」

お子様の成長を見ていると
「今、この瞬間」に対する思いは深まります。

最近僕がよく思うのは
「1歳5ヶ月のむすめは今しかいないんだな」ということ。

それと同時に僕の妻に対しても、
周りの人たちに対しても、自分自身に対しても、
「今の○○は、今しかいないんだな」
ということに気付かされます。






フコイダンの最新情報
フコイダンの情報
URL:http://lmf-assoc.jp/