生前墓として事前にお墓を買っておく人が多いですが、基本的には公営のお墓では遺骨が無いと申し込みが出来ません。
ですので、もし生前墓を購入されるのでしたら、民営や寺院のお墓を利用する必要があるのです。 民営のお墓というのは宗教や宗派関係なく、誰でも利用することが可能なのがメリットとなります。
遺骨の有り無しに関係なく、さらに居住地によって資格制限が無いのも特徴です。

 

民営の販売は申し込み順となっており、区画がいっぱいになることによって常時受付が締め切られていきます。
法要や会食の可能なスペースも用意されており、生花などといったものを購入出来る売店も設置されています。

 

公営お墓と比較をしますと民営は、永代使用料が多少高額となり、管理費もやや割高感があります。
また都市部における新しいお墓というのは近隣住民の反対などもありますので、慎重に選ぶようにしましょう。





引越し 料金
引越し 料金は当サイトへ
URL:http://ka-center.jp/price/


公営と比べると割高となるお墓ブログ:2017-5-18

お母さんの肉体というのは、
赤ちゃんを産んでから3年間は
母性ホルモンが大量に分泌されるので、
この間は赤ちゃんを育てることを第一に置かねばならない。

3年間も育児をやっていれば、
育児の仕方はなんとなくわかってくるし、
それに母性ホルモンが大量に分泌されることで
自分の体型をお母さん体型に変えられるので、
体力的に無理なく育児をし続けることができるようになる。

しかし
子供がいては仕事ができなくなるというのも事実である。

本来ならこの時期、育児に専念した方がいいのだから、
もしも仕事をするなら、自宅で仕事をするとか、
自分のお母さんか夫のお母さんに
子供を預けて仕事をするしかない。

でも、自宅で仕事ができず、
自宅の周りに自分のお母さんや夫のお母さんがいないなら、
保育園に預けるしかないのである。

保育園というのは、
あくまでもお母さんの都合によって生まれたものであり、
必要悪の存在だと言える。

経済的に余裕があるのなら、
保育園などには子供を預けない。

保育園に子供を預けねば仕事ができず、
仕事をしなければ生活が成り立たないからこそ、
お母さんの方も未練たらたらで子供を預けるのだ。

保育園というのは幼稚園とは決定的に違い、
保育園は大きくあるべきではなく、小さくあるべきなのである。

子供は3歳まで、
小さな世界で育てるからこそ、脳が健全に育って行くのであって、
余りにも大きすぎる場所で育ててしまうと、
脳が健全に育たなくなってしまう。

だからこそ保育園は小さな組織であるべきなのであって、
保育士たちは常時、子供たちに目を届かせなばならないのだ。