お墓選びは決して難しいことではありませんが、最低限の知識は覚えておく必要があります。
「お墓なんてどこでも一緒でしょ」という考え方は間違っており各お墓によって大きく異なっているのです。 お寺が近所にあるケースが多くなっており、寺院にお墓を建てることで葬儀や法事に非常に便利です。
僧侶に依頼をすることによっていつでも読経、そして供養してもらうことが可能ですので永続性や管理面は安心出来ます。

 

原則として寺院の境内墓地を使用するのはその寺の檀家に限られることとなります。
このことから新しく墓地を購入した後には檀家となり、その宗派によって法要等を行う必要があります。

 

寺院のお墓の場合にはお寺の行事や法要などの時に、檀家としてお布施を求められることも考えられます。
そして石材店を自分で選ぶことが出来ない場合もあり、指定石材店となります。



境内墓地を使用している寺院ブログ:2017-7-11

( ゚д゚)ノ こんにちわー

ダイエット中は、
おかしは控えた方が良い!
というのは、わかっているんですが、
なかなか我慢できませんよねぇ〜?

で、わたくしは考えてみました…

「おかしを食べたーい!」という人の頭の中は
「おかし」→「美味しい」→「幸せ」
というイメージの連鎖ができていますよね。

だから、腹が空いていなくても、
おかしのパッケージを見たり、イメージするだけで、
甘い味や匂いや食感を思い出して
食べたくなってしまい、ついつい手が出てしまうのです。

実際、
おかしを食べている時には
確かに美味しくて、
一時的に幸せな気分になるかもしれません。

しかし実際には、
食べ終わった後から、後悔と罪悪感が始まりませんか?

そうやって食べられた食物は、
ストレスとなってエネルギーとして発散されにくく、
その結果、脂肪になりやすくなるみたいですよ!

これって全然幸せなことじゃないですよね?

つまり
「おかし」→「美味しい」→「幸せ」
ではなく
「おかし」→「罪悪感」→「脂肪」→「不幸」
なのです!

だから、
おかしのパッケージを見ながら、
食べてしまって後悔したことを思い出し、
そのイメージが常に思い出されるようになるまで、
何度も反復してイメージすれば良いと思うんです。

太っている自分の腹を写真に撮るなんていうのも、
効果的かも…

何度も何度もおかしのパッケージを見たあとで、
後悔した思いや太った写真を見て、
「おかし」→「不幸」
というイメージを徹底的に焼きつけるのです。

そうすれば、
おかしのパッケージを見ても、美味しそうな匂いを嗅いでも、
「もうあんな思いするのは嫌だ!」と思って
手が出なくなるんじゃないでしょうか?