お墓選びは決して難しいことではありませんが、最低限の知識は覚えておく必要があります。
「お墓なんてどこでも一緒でしょ」という考え方は間違っており各お墓によって大きく異なっているのです。 お寺が近所にあるケースが多くなっており、寺院にお墓を建てることで葬儀や法事に非常に便利です。
僧侶に依頼をすることによっていつでも読経、そして供養してもらうことが可能ですので永続性や管理面は安心出来ます。

 

原則として寺院の境内墓地を使用するのはその寺の檀家に限られることとなります。
このことから新しく墓地を購入した後には檀家となり、その宗派によって法要等を行う必要があります。

 

寺院のお墓の場合にはお寺の行事や法要などの時に、檀家としてお布施を求められることも考えられます。
そして石材店を自分で選ぶことが出来ない場合もあり、指定石材店となります。



境内墓地を使用している寺院ブログ:2017-11-04

俺たち夫婦には、
生後三ヶ月になる子供がおります。

もちろん可愛くて仕方ないんですが…
とにかく泣き声がデカイ!!

「オギャー、オギャー」はかわいい方で、
あまり構わずにいると…

「ギョエ〜、ギョエ〜〜!ギャアア〜!!」と、
まるで虐待されているのではないか
と周りの人に思われるくらいの泣きかたをしてくれます。

奥さんと俺に余裕があるときは、
「そうか、そうか、なにを泣くことがあるの。ハハハ」
なんて、笑って接してあげているんですね…

しかし、俺たちも人間です。
疲れているときもあれば、余裕がないときもあります。

そんなときに、
「ギョエ〜!ギョエ〜〜!!」と泣かれると、
「うわぁ〜、もぅ疲れてるから、静かにしてぇ〜」という気持ちになったり、
「ちょっと、頼むから寝かせて!!」という気持ちになるのです。

こんなとき、
奥さんか俺かどちらかに余裕があれば…

「パパは今日疲れているから、休ませてあげようね〜」とか
「ママはいま手が離せないから、パパと遊ぼうね〜」などと
お互いを気遣いながら、助け合うことができるのですが、
問題は、夫婦両方が疲労困憊のときです。

俺が一番キツイなぁ〜と思ったのは、
やはり睡眠不足からくる疲れでしょうか。

俺も、お昼は仕事に出かけていますし、
奥さんも子供と付きっきり状態になると、
少し息抜きする時間が欲しくなります。

特に、
子供と親の感情は繋がっているなぁ…と、
シミジミ感じるのですが、
疲れ果てて機嫌が悪い日に限って、
子供も機嫌が悪いのかすごく泣いてくれるんですよね。

抱いても、おしめを交換しても、おっぱいをあげても、
「ギョエ〜!ギョエ〜〜!!」
もうお手上げ状態で、俺たちの方が泣きたくなります…